ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせからメールをください。 できるだけ早くお答します。 またフランスからの発送のため、商品が届くまで1~2週間かかりますので、ご了承ください。お支払はゆうちょ銀行、楽天銀行、PAYPAL、現金書留 いずれかお選び頂けます。  東京浅草 靴修理
  Shop-Bell   アンティーク雑貨
  Shop-Bell   フランス雑貨

リネン雑貨   Shop-Bell  
ヨーロッパ雑貨   Shop-Bell  
 東京浅草 靴修理
ホームミニチビ日記
ミニチビ日記
ミニチビ日記:82
1 | 2 | 3 | 4 | 5 次のページ»
2020年09月15日
皆様、細々更新サイト、身に来ていただいて本当にありがとうございます。
いかがお過ごしですか?

こちらパリは9月で学校が始まる時期で習い事など始まって、うきうきする季節です。
ボンマルシェの横のカフェなんかはテラスにすごい人たちがいて、優雅にお昼からワインやビール、カフェなんかを飲んでいます。あれ?コロナは?みたいな、一瞬、コロナというものを忘れてしまいたくなるような光景があちらこちらです。

1日で1万人近くの感染者が出ていましたがこれからどうなるんだろう?と考えれば考えるほど、不安の2文字が頭をよぎります。
とはいうものの、若者の重症化率が低いという認識が広まって、若い人たちは人混みを気にせず、割と普通にすごしている人が多いなとも思います。
我が家のアパルトマンの下では学生たちが夜10ぐらいから時ぐらいから朝5時まで爆音でパーティーをしていて、もう我慢ならぬ!と警察に電話をしてみましたが警察はなんと答えたと思います?

「あなたには危険が迫っていません。ですので出動できません。」と言われました。
数年前だったら、警察がきて、爆音パーティーチームに罰金を与えていました。
パリでも普通の治安のところに住んでいますがもうこうなると、モラルとか常識とかの軸がくずれはじめるんだなと痛感しています。

怖いところに住んでいると思います。

もう根性でがんばるしかなんだなと思います。

パリ市内は自転車レーンが夏休みの間に、ぐぐ~んと広がって、自転車でとても移動しやすくなりました。
自転車に乗る人もすごく増えました。自転車で事故も増えました。

パリ市内の車は大渋滞する道と車が全くいない道との差が激しいです。
パリ市内の移動を車やUBERにすると、時間帯によっては、すんごく渋滞に巻き込まれることもあるので
お気をつけくだいね。

2019年05月20日
こんにちは。春なのに、寒いパリです。 まだ春こないの?みたいな感じになってきました。
パリの街中は工事があちらこちらであり、パリ市内をタクシーや車で移動することがもうしばらくしたら不可能になるんじゃないかと思うほどです。車がだめなら、バイクでと、バイクででかけても通りぬけることができないような道端と車線の数が減らされていて、もうなんでしょう、パリを走る車の人が最近はものすんごくイライラしているのがわかります。どこへ行っても渋滞です。

パリ市長の目的はパリ市内の移動を車ではなく自転車にしたいそうですが、レンタル自転車のシステムもうまくいっていなし、かといって自分で自転車を買うと、自転車なんてすぐに盗まれてしまいます。自転車の信号なんて、だれがまもるんでしょうかね?罰金制度を入れるといっていますがそんな信号ごとに、警察が立つわけもなく、、イライラ、イライラ。

バスも同じです。まあ時間がかかること、一層のこと、レンタル電気キックボートに乗ればいいと思いますよね。でも微妙に高いし、転んだら大けがするなと覚悟して乗らなければなりません。
そうなると残るのはメトロ。まあ車より早いし、バスよりも時間の予想通りに到着しますが汚いし、スリが多いです。まいりますね。


パリ市内の道路の工事ばかりではなく、郊外にいく電車などの工事もあり、電車やメトロも普通に通っていないときもあります。

Citymapper のアプリをダウンロードすると便利だと思います。 その時の交通情報に合わせた、目的地への生き方が何とおりか教えてくれます。
2018年11月05日
とうとうギャラリーラファイエットのツリーがほぼほぼ完成しつつある季節になりました。
今年はグリーン系でかわいい感じです。11月です。

この間、チュールリー公園を歩いておりましたら、日本人らしき男の方々二人がピックポケット(ひったくり)、しかも1,2人ではなくて、10人ぐらいに追い回されていて、これはかわいそすぎる!と思い、私は駆け寄りました。


日本人の方々は携帯を手にもっていて、そこにむらがるひったくりにびっくりして、速足でなんとか乗り切ろうとしたのですが、それでもしつこくついてきて、なんと、リュックを開らかれているではありませんか!

もう自然に口から、リュックあぶな~~~~い!!!と叫びました。声が届いたかどうかは別として、
なんとか振り切って逃げていったので、良かったと思いました。



そしたら、そのひったくりがわざわざ私のほうへきて、日本語で、
「ありがとうございま~す。」と笑いながら言うのです。

ジャイアント馬場なら16文キックをお見舞いしてやろうかと真剣に、セルフコントロールぎりぎりを乗り切りました。

手口はまずは、サインをしてほしいと近寄る女の子が来ます。そしてお金をくださいといい、あわや、あわやで、瞬く間に、10人ほどに囲まれてしまい、お財布なんかを開けたら最後、財布を取られます。その目の前のことに対処していると、後ろに背負っているリュックを開かれてそっちまで盗まれるという、もうなんといったらいいんでしょう。ひどいです。

こんなのが観光名所にあちこちにいるわけです。もう格闘技系を身に着けるしか己の身を守れないんじゃないかと思います。

まず、サインをしてくれという人がきたら、すぐに、NON!と 顔をしかめて、言ってください。
それでもしつこくきたら、
ここは何語でもいいと思います。
いい加減にせいよ!お前ら!ぐらいのことをいう勢いでないと、本当に痛い目にあいます。

それを知ってくるので、彼らは、アジア人でも日本人を狙います。大陸で勇ましく生きている中国人は狙いません。
ひったくりが痛い目にあうのを知っているからです。中国の方々は盗まれても走る、争う、殴りあう、たくましいのです。

パリでの楽しい旅行には、格闘技魂を少し持ってきてくださいね。
2018年10月08日
すっかり秋らしくなってきました、パリです。

Banksyのオークションでの映像をご覧になりましたか? あれぞ、ストリート・アート!

彼のストリートアートはパリの街中にあちらこちらにあるので、結構目にする機会があって、
その時そこで出会うのがストリートアート。

それがいつの間にやら、貴重価値が重視されるようになり、中には壁ごと保護してしまうような都市がでてきたりなんかして、
ストリートアートではなくなって、きたところがあって、他のストリートアイティストの作ったものも保護しようみたいな動きがでてきて、私はストリートアートは道にあるもので、その時その瞬間そこにあることに意味があって、上からペンキを塗られようが、壁が建築の都合で破壊されようがそれはアートの一環だと思っているので、それを保護しようという動きはあまり好きではないです。
バンクシーは、数年前に、作品に(私が勝手に思うに値段が異常にあがることを想定して)
シュレッダーを仕込んでおいたという、もう最高。

最近、パリのスーパーでは、買い物かごに入れる前に、携帯で品物をスキャナーしている人がたくさんいます。

その買おうとしているものが良いものか、保存料、添加物など、体に悪いものが入っているかどうかを表示してくれるアプリを使っている人が多いです。

こうして消費者が正しく作られたものをたくさん消費するようになれば、はちゃめちゃなものを作って儲けようとしている生産者が減っていく。もう消費者から動きを変えていく時代ですよね。

10月に入って、ちらほら、ハロウィーンにちなんだものが出始めてきましたが、フランスではハロウィーンはここ数年に流行ってきたみたいなイベントで、あんまり流行っていないのが好きです。


写真はパリの水族館でのクラゲちゃんたちです。
刺されたら、あんなに痛くて、皮膚も大変なことになりますが水槽でみるクラゲちゃんはとてもきれいでした。

楽しい秋をお過ごしください。
2018年08月28日
皆様お元気ですか?パリは朝はぐんと肌寒いので、ちょっと厚着をすると、午後からものすごい勢いで気温が上がって、やっぱり暑いなと思い切って真夏の恰好をすると、夜になるとまたすんごい寒くなってくる。という感じです。ちらほらとバカンスから帰ってきた人たちもいますがまだまだぎりぎりまでパリには帰らないぞみたいな人のほうが多いようです。

今年の夏は、車でパリからスエーデンまで行ってきました。
ベルギー、オランダ、ドイツ、デンマーク、スエーデン5か国も国境を越えていけるなんで、ヨーロッパ大陸の強みですよね。
ベルギーでフリットを食べて、オランダで、フェルメールの絵をみて、ドイツで世界遺産を訪れ、デンマークの避暑地の邸宅の家の大きさに度肝を抜かれ、スエーデンでここまできたな!と携帯の現在地を見て、満足した次第です。

近隣国であっても、国境をまたぐと色々な違いがあって、本当に面白いなと、あとは自分の住んでいる国の良いところ、そうでないところも再確認できたりしました。

走行距離が長かったので、車と私の膝は多少傷みましたが楽しい夏でした。

さあ、9月から新学期フランスは9月から新しい学年、学校が始まる時期で、慌ただしい月にはなるんす。
また気が付いたら、9月の終わりかもしれません。

今年はがんばります!
2018年02月26日
2月の終わりにまた寒い日が続いております。
バカンスに入って静かになりそうですが、そうでもないようで観光客の方々がしっかり防寒して
観光を楽しんでいる感じがします。

あのちょっと足が見える感じの黒のタイツかストッキングにミニスカートやショートパンツをはいて
頑張っている女性たちがまぶしく見えます。

太陽の日差しはあるのですが風があって、水たまりが凍っているところが少しあります。

この月曜日の週にまたさむ~い風が吹くようで、ニット帽が必須品です。


この寒さに雪なんか降ってしまったら、また交通渋滞に、スーパーから品物が消える現象が
起きるんじゃないか?と 天気予報をこまめにチェックしています。

健康一番!
2018年02月01日
セーヌ川の水位がなかなか下がらないのに、また雨が降ってきました。

その水位を見るために、運転している人が橋の上でブレーキを踏むので、橋の上がいつもより混んでいます。

郊外へ行く電車が通常通りに動いていなかったり、動いていたりしているようです。

年末年始に出かけて帰ってきたら、CDGこの三文字をここ数週間何回、打ち込んだでしょうか、エールフランスのロストバゲッジのサイトに。シャルルドゴールで行方不明になっていまった私のスーツケースは、シャルルドゴールから、まさかのアフリカ大陸へ旅行し、またCDGに送り返されて、それからまたどうしてかリヨンに送られて、リヨンからCDGに帰ってきたところを無事に確保できました。
リヨンでちゃんと仕事をしてくれた係員の方が私の携帯に電話をしてくれ、どうにかしてくれました。
あの方がちゃんと仕事してくれなかったら、私のスーツケースはまたどこかの国に行っていたことでしょう。

良かった。もう何度もダメかと思いましたがフランスで物が紛失しても戻ってくることがあるというのを体験しました。

あのフランスのヌテラ争奪戦のニュースは、かなりの衝撃で、あんなに体に悪いものばかりはいっているのに、、。
でも、普段より安いは安い。そして、今度はおむつ争奪戦。
そんなことになるんなら、列をついて、整理券を配ればいいんじゃない?なんて思いませんか?
列に並ぶなんて、そんな平和なことができるんだったら、あんな、争奪の喧嘩にはならないのですがここはフランス。
今後も、お店側の利益がなくても在庫を減らすことが可能になったので、続くんです。きっと。

でもそれだけみんな必死に生きているんだなと、そうも思います。

私も頑張ります。

久しぶりにブローチをUPしました。

2017年12月14日
あっという間に年の瀬がやってきました。

こうやってあっという間に年の瀬を迎えられることだって、とても恵まれているんだなと思うこの頃です。

先週末はフランスの有名な歌手、ジョニーのお葬式でした。

3世代がそろって歌える歌手、フランス人ならみんな知っているし、みんな歌を口ずさんでしまう、そんなビックスターがいなくなったのはフランス人ではない私でも、マドレーヌ寺院での光景を見て、目が潤んでしまいました。

世界情勢や地球の温暖化、もうニュースを見ると怖いことばかりで、本当に毎日大切に生きないとなと思います。

そう思うと、やっぱり毎日の食生活や自分の生活する空間を大事にしたいと思うようになり、恒例の大整頓をしては見るものの、上手くいかないなぁなんて思います。

今年は色々とトライして見た年でもあり、毎月の過ぎる早さが尋常ではありませんでした。

今、自分が何歳かと聞かれても、何歳だったか即答できないぐらいです。

ただの現実逃避とも思える私のひっちゃか、めっちゃかぶりは、加速するばかりです。

小さな幸せに感謝して明日も頑張ろうと思います。


文章までもがひっちゃか、めっちゃかで、すみません。
2017年08月22日
8月ももう終わりですね。

パリは人が少なくて快適だと思ってはいたのですがルーヴル美術館や、パリ中心部の観光地の人の多さを見まして、観光地はすごい人だなと思いました。

もうしばらくしたらいつものパリの人口に戻るんだろうなという感じのパリです。

バカンスでは14年ぶりにイタリアのフィレンツェに行ってきました。

オルリー空港から出発のはずが、まさかのシャルルドゴール空港から出発になり、バスで移動ののち、予定時間より6時間空港でまたされ、明け方にフィレンツェに到着し、もう使うまい、格安チケット。と誓いました。veulingはトラブルが多いそうです。皆様お気をつけください。

フィレンツェのタクシードライバーはパリに比べれ、安心だし、パリに比べればぼったくりもないので、安心でした。

これを書いていて、パリはどんなところなんでしょうか?と思ってしまいます。

久しぶりに見た、ドゥオーモはやっぱり素晴らしかったです。

そしてピザやパスタの安さとおいしいこと。 しかも定員さんも優しいし、きびきび働くし。

私の適当なイタリア語もなんとか聞いてくれるし。

来年からは夏のバカンスは観光地でないところに行こうと決めました。今更ながら。

2017年夏 ありがとう!



さあ、来年は?

2017年04月19日
5年ぶりにやってきます。大統領選挙の日が。

あー長かった、そして本当にこの5年間でフランスは変わったなと思います。
ことパリにおいては物価が上昇しているのと治安が悪くなったなというのはとても痛感します。

国民が直接、大統領を選べるわけですからフランス国民が関心がないわけがないです。

マスメディアが大統領選を左右するのはよくあることで、フランスにおいてもテレビ、
ラジオが選挙に与える影響は大きいと思います。

個人的にいろいろな人に誰に1票入れるのかが興味があるので聞いてみると、

え?! そっち!という感じで、びっくりします。
両極端な答えが返ってくるのと、はじめと最後が正反対の党に入れる!と意見が変わる人、え?そうなる?

もしくは、消去法で、最悪をさける。など、色々な意見があります。

公園を散歩しようと入ったら、熱心な党のおばあちゃんが小さな紙をもって、この人に投票してくださいね。

この人以外はこの国を救えない!と語るおばあちゃんに声をかけられ、どうしてか?と説明を求めると国の負債はこの人のプログラムだけがうまくいくからよ。と軽く5分ほどの説明をしてくれました。

フランスではいろいろと雲行きがあやしいことばかりなので、どうにか現状を回復してくれる大統領にという思いがあると思います。


23日、どうなるんでしょうか。 
2017年01月13日
2017、どんどん数字が未知のものに見えてきました。

皆様、健康で楽しい一年でありますように。

私は昨年末にようやく、冬山に行くことができました。楽しかったです!

ただひとつ、山頂に夫婦でゴンドラとリフトを乗り換えのぼり、さあ、いざ!滑るぞ!というときに、

私の夫、『じゃあ、下で5時にね! グッドのジェスチャー付き』

え???

スノボとかスキーって個人競技だって知っていましたが知り合いで一緒に行ったら、さすがに、一旦○○ロッジあたりでね、

ってやりませんか普通?


ひどい、ひど過ぎる! 頭にきた私は、『私はあなた待つのが嫌だから、それがいいね!グットのジェスチャー付きで』


結果、一人で滑るのも楽しかったんです。マップもあったし、自分がどこのコース行こうかなんて、
考えながら、ヒューゥ とかいいながら滑って、雪もよかったし、大満足です。


ただ一つ、どんなに勢いをつけても途中でスノボが止まってしまうポイントがあって、そこでどうしてもスノボの片方をはずすのが嫌になり、来年からはスキーにする!ことにしました。

スノボに行く前に、自主トレをしていったので、足にがたがくることもなく、滑れました。

普段からスポーツをやる大切さを感じとっています。

健康に気をつけて、今年も地味にがんばります!


2016年11月04日
とうとう冬時間がやってきました。

ずっとわりと暖かい日が続いていたパリですがじわじわと寒くなってきました。

だんだんクリスマスの品々がたくさんディスプレイし始められ、年々クリスマスに入るタイミングが加速している気がしてなりません。

そしてラファイエットには今年のツリーがちらほら見えるようになり、観光客が減った減ったといわれているパリですがラファイット内には中国の方々がたくさんゴージャスにお買い物をしてらっしゃいます。うらやましいです。

つい数日前まで秋のバカンスだったフランスですがみんなの会話といえば、もちろん次のバカンスはどうする?みたいな感じになっています。雪山か?それとも海か?実家か?

この間はパリ市内でレンタルできる電動バイクをレンタルしてみまして、久しぶりにバイクでパリの街を駆け抜けてみましたがすごい汚染された空気がくさくて、こんなにくさかったかな?と

それもそのはず、セーヌの真横を走れる通りをパリ市長がしめてしまったために、そのもう1本横の道が大渋滞。平日の夜なんかほとんどだれもその歩行者天国になっている道を使っておらず、無駄にしめられた道のため、ルーブルからずっと渋滞です。市長のねらいは、そのうち車を運転している人々が車に乗らなくなるだろうですって。

乗らないくていい人は最初からそんなにパリ市内を車に乗っていないでしょうに。ただでさえイライラ運転しているパリジャンたち、夕方からイライラMAXです。

余計に環境を乱している気がします。COP21にパフォーマンスエコロジーをきどるフランス政府の対応にパリ市民は怒りを覚えている人も多いでしょう。

結構リアルな問題が多いフランスは来年、とうとう、やっと大統領選が始まります。
あー長かった。この5年は長すぎた、、。

どうにか今より良い方向にフランスが進みますように。祈るばかりです。

これから始まるなが~いパリの冬をなんとか健康に過ごせるように、腹筋背筋スクワット!!!

がんばります!


2016年08月26日
2016年今年の夏がもうそろそろ終わろうとしています。

数日前から、パリは結構な暑さになっています。

35度とかです。とは言っても、
湿気がない暑さなので、まあなんとかなる暑さです。

日が差す時間帯はコンコルド広場があれ?ほぼ誰も歩いていない。。。車も少ない。みたいなことになっています。

バスの中はさすがに、ちょっとサウナみたいになっていて、
運転手さんも汗をびっしょりかいて、顔が赤い、みたいなことになっています。

乗り切るぞ!


9月からは新学期です。

私も来年のバカンスに向けてまた1年頑張らなくては!という1年で一番気持ちが高ぶる時期な気がします。

あれもやって、これもやって、お料理だって、お掃除だって、おけらだって、おめんぼだって~ 

みたいにいっぱいいっぱいになるんでしょうね、私。

パリの気温が高まれば、高まるほど、夏の終わりが近い気がして、
冬物買わないと、結局、パリは冬物を着ている時期が半端なく長いので、冬対策を考えてしまいます。ぞぞぞ


夏の終わりに歌います。井上陽水さんの少年時代。

♪ 夏が過ぎ 風あざみ~
 誰のあこがれに さまよう~♪

2016年03月17日
こんにちは。

この前10年ぶりほどに、エッフェル塔に上りました。
毎日見てはいても上る機会があまりなくて、久しぶりになりましたが楽しかったです。カフェやレストラン、お店なんかができて昔と少しかわりましたがパリの美しい街が一望できる素敵な場所です。

土曜日だったのですが観光客が少ないだろうと思って、甘くみていて、ネットでチケットをとらずにいったので、下で40分ぐらい、上でまた30分くらいまあまあ待ちました~失敗!

この間は平日にオルセー美術館は列なしで入れたので、観光客が以前より少ないなと思っていたら。

朝と夜の冷え込みは相変わらず、冬みたいですけど、日差しは春らしくなってきました。

相変わらず、機関銃を持った、兵士の方々が公立の幼稚園や学校の前を毎日ではないのですが、2,3日に1回ぐらい巡回しています。

はじめは、本物の銃や兵士を見ると、恐い!ぞくっ!としましたが最近では、守ってくれてありがとう。という気持ちになってきました。

環境というのはあたりまえをいろいろと変えてしまいます。

昨日はパリ市内で、テロを企てていたと見られる人たちが捕まりました。
氷山の一角であるには違いないのですがこれで安心という日はすぐには来ないのだろうと思います。

公共の場所や、人が集まる場所には変わらず注意して行動しなければと思います。

と気をひきしめつつ、お散歩しているとパリの素敵さに目を奪われて、そんなこんなを忘れてしまうことが多いです。

季節のかわりめですので風邪などひきませんように。
2016年01月29日
昨日、バスに乗っていたら、信号待ちをする車に向かって、ガラスの水晶玉を水滴を扱うみたいに体のまわりをぐるぐる回らせて芸をする、ピエロを見ました。

来ました、この時期が。ストライキ。タクシーに、空港の司令塔、それから教師に農業の方々、このままではやっていられない!と道を封鎖したり行進したりして、不満を表現できる国、フランスです。

そんなこんなでメトロが激混みになったりする時間帯ができたりなんかして、みんなのいらいらが募るこの時期に、

水晶玉で人々を笑わせようとするするピエロ。

すばらしいなと感心してしまいました。


そんなこんなで、昨日、一昨日とパリ市内の高校いくつかに脅迫がテロからきたので、学校から生徒が退去したりして、ヘリコプターがブルブルと上空を回っていたりなんかしまして、

それでいてパリ郊外のディズニーランドに銃を持って入ろうとした人が捕まったりして、割とヘビーなニュースが続いているのですが

あまりにも昨年パリで起きたことがヘビーすぎて、こういった未遂事件的なものが軽く思えてしまうあたりが怖いです。


それはさておき、パリの美術館で行かなければよかったとかいう場所はあまりないとないと思うのですが飛行機に乗ってはるばるやってきて、無駄なところには行きたくないですよね。

先日、ルイビトン財団美術館へ行ってきました。
ルーブル美術館よりも高い入場料を払い中へ入ってみましたが。

。。。。。


おすすめしません。

せっかくパリに来て、大切な時間はやっぱり大切に使って頂きたいので
これはスルーすべき場所だと私は思いました。

ただ、アートは個人の感じ方があると思うので、判断はおのおのでお願い致します。



最近よく思うのはいろいろな判断はおのおのが納得して、していくんだなと思います。

2016年01月11日
あけましておめでとうございます!

皆様のご多幸とご健康を心よりお祈り申し上げます。

さあ、2016年になりましたね。

パリはセールが先週から始まっていたので、あっちこっちへ出かけて、必要なものを買ってきました~~

そして、お友達と一緒にラファイエットに行ってきましたが
エスカレーターでカバンのチャックをあけられてしまうという事件に会いました。

エスカレーターに乗っている間も気をゆるめてはならないのがパリです。

チャックを開けようとしていたのは、服装も見た目もこぎれいな感じの女の子で16歳ぐらいです。

こわいのは、靴売り場から、ターゲットとなっていたようです。

幸い、カバンはチャックの上からふたが付いているタイプで、大事なお財布はチャックの入っているほうだったので、大丈夫でした。

普段から自分の回りにいる怪しい人をチェックする癖がついているので、メトロ、バス、道、デパートでは気を付けてはいたのですが靴が40%オフになっていたので、舞い上がってしまっていたら、気が付きませんでした。

皆様も危ない危ないと耳にすると思いますがパリは気を抜くと、痛い目にあう場所だなとつくづく思いました。

テロの影響で、軍隊の方、警察の方は数はいるのですが、スリの数もすごい!


まあ、そんなことはさておき、今年のバカンスにいつどこへ行くか?を考えなくてはいけませんね! 

それから何よりも健康で一年を過ごせますように!

2015年12月28日
こんにちは。

皆様お元気ですか。
今年のパリはやっぱり寒くなくて、あのいつも頭がキンキンする寒い風とか冷え込みがないので、楽です。

一時は観光客が少ないなと思ったときもありましたがやっぱりパリは少しずついつものパリになりつつあるなと思います。

長時間、家族で食べてお祝いする祭り、ノエル(クリスマス)が無事に終わって、今年も終わったなという感じがします。

私は年末の大掃除という日本の行事を怠ることなく、今年はあちらこちらを思いきって掃除しています。掃除しながら、出てきた写真や手紙なんかを読んでいると、しらない間に時計が進んでしまってびっくりしています。

いきなりですけど縄跳びを始めました。
小学校の頃に戻ったように、体があやとびや交差とびを覚えています。

縄跳びをするときのテーマソングはやっぱりロッキーです。

今年は雪がないので冬山にいけなかったので、いつ雪が降ってもいいように、ひそかに、トレーニングをしています。雪山にむけて!

エイドリア~ん!



本年も以前にもまして細々更新となってしまったにもかかわらず
ご覧いただきましたこと、心よりお礼申し上げます。

本年も大変お世話になりました。

皆様、良いお年をお迎えくださいませ。



2015年11月16日
先ほどフランス時間の12時に今回のテロの被害者の方々へ向けての黙祷をしました。
たまたま、その時間にその場所にいた人々が犠牲になり、黙祷しながら目からボロボロと涙があふれ出てしまいました。

誰かの息子であり、娘であり、母であり、父であり、大切な人であり、そんな普通の人々が一晩で大勢亡くなってしまいました。
それから多くの方が負傷してしまいました。

本当に悲しいです。

どうしてこんなことになってしまったのかという思いです。

そしてフランスはシリアに向けてまた攻撃を始めました。

どうしてまた攻撃するのか。


。。。
2015年09月21日
こんにちは。

皆様お元気ですか?

私はこの週末に久しぶりの二日酔いのノックアウトでした。

いつまでも、大丈夫、まだ、大丈夫が大丈夫ではないことに
今更気がついてしまいました。

もう嫌です。もうその日はワインやシャンパーンなんて、もう飲まない!と思っていたのに、2日もたてば、いや、なんか飲みたいな~みたいな気持ちが押し寄せてくるあたりがいけません!!

反省。

この間、アジアンな味がどうしても食べたくなって、
フォーを食べてきました。

すんごくおいしかったのですが、お店が狭くて、隣になった相席の方の食べる音と、飛び散る、スープが顔にあたって、ちょっとブルーになりましたけど、

それがおかしくって、友達たちと笑いをこらえながらのフォータイムでした。

おいしかったです。お肉は良く焼いてくださいと言えば、良く焼いてくれたものにしてくれました。


そのあと、マレには、ねじや部品を売っているお店が1930年ぐらいから、いまだにあって、その土地の広さが表からは想像ができていぐらいの広さです。

どうかそのねじ屋さんや部品屋がそのまま残ってほしいと思います。


フォーの住所
SONG HENG
3 rue Volta 75003


2015年05月07日
こんにちは。

フランスの学校は6月で一年が終わるので、この5月と6月さえ乗り越えれば、なんとか1年がんばったとなるのです。

そして年末のイベントが山盛りシーズン到来で、ドタバタしてきました。

私の目指すところは、夏です。一年で一番大事な夏のバカンスがやってきます。

なんとか夏を楽しみたいので、今は下調べをしています。

本当なら下調べなんかせずに、現地で地図を買って、その地図をみながら、行きたいところを決めてのんびりと行く旅をしたいのですがそうもいってられません。


春なのに、まだ温度差が激しくって、朝は寒くって、太陽がでるとちょっと暑くって、でも太陽が雲に隠れてしまうと寒くってというような天気に振り回されている感じがあります。

この間、月がきれいだなと思って、空を見上げて歩いていたら、

私のAutolib(パリとパリ近郊のレンタカー)のカードをなくしてしまいました。

いろいろと探しましたが見つかりませんでした。でもAutolibのシステムは案外とよくて、紛失したことを言うと、すぐに新しいカードを発行してくれました。

フランスで、予想外にスムーズに事が運ぶとやっぱり驚いてしまいます。

油断大敵!気を付けなければ!

あと横断歩道の白い線をはみ出て立っている人パリによくいますけど、
とても危ないです。車幅がわからずに、運転している人たくさんいます。

人より前にでて、赤信号を颯爽とわたるのがパリジャンとかいうのは、
ひっちゃかめっちゃかパリジャンで、危ないので、おすすめしません。

パリは横断歩道が青信号でも、しっかりと見てわたることをおすすめします。
青だからと言って、のんびりわたっていると、バイクなんかが真横をすごい、勢いで通りぬけるってことなんかよくあります。

写真はマレで月がきれいなだと思って写真を撮っていたら、
私のAutolibカードなくしてしまったときのものです。

それからこの間ルーブル美術館に行きましたら、気温の高い日で、美術館内のアラームが作動して、いきなり出てください。と言われました。
それで中にいた人がゆっくりと外に出ました。

よくあるそうなので、暑いときにルーブル美術館に行く際はあわてずに、美術館から出てくださいね。その後30分ぐらいしてから、また中に入れました。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 次のページ»
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス